« 今年も桜が咲き始めました | トップページ | Ustreamの波 »

柳家小三治を聴く

 柳家小三治の独演会を聴きにいきました.
 前座の「粗忽の釘」が終わった後,まず「長屋の花見」.
 枕はさらっと,桜の俳句の話.長い間をとって,おもわず忘れちゃったの!と客にどきどきさせといて,すっと話しだしたり,お茶(実は漢方薬が入っているらしい)を飲むだけで笑いを誘う、絶妙の間の取り方.貧乏長屋の連中をけちな大家が花見に無理矢理連れ出すというお話を軽妙に演じました.
 休憩の後は,うがいの話を枕に始まりました.イソジンガーグルの功罪を鼻洗浄の効用とともに詳しく述べた後,本当に話したいのはこれからだと,バンドエイドキズパワーパッドによる最新の創傷治療法について蘊蓄を傾けました.うがいは,枕の枕だった訳ですね.これで終わってしまうかと思うくらい,長い枕でした(約30分).本当に枕だけで終わることもあるらしいですね.
 今日は,でもその後「品川心中」に入りました.品川の売れない女郎が,心中相手に冴えない男を巻き込む話で,心中の手段としてカミソリで...というくだりと枕がつながっていたのでした.
 強弱,緩急,リズムの変化とさまざまなテクニックを駆使しながら,少しもわざとらしいところがなく淡々と話すだけで客を笑わすのは,まさに至芸ですね.

|

« 今年も桜が咲き始めました | トップページ | Ustreamの波 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柳家小三治を聴く:

« 今年も桜が咲き始めました | トップページ | Ustreamの波 »